HOME > 屋根材 > 二重葺断熱工法

Roof-屋根材二重葺断熱工法|折板シリーズ|屋根材

折板シリーズ二重葺断熱工法

二重葺断熱工法 KR140ハゼ

屋根30分耐火認定
二重葺断熱工法(FP030RF-0334:母屋ピッチ4m以下)

二重葺断熱工法 KR140ハゼ の特徴

<断熱性にすぐれたコイケルーフハゼ二重葺断熱折板>
■金属屋根は温度変化による熱伸縮のために音鳴り現象を起こす場合があります。

上葺材:0.8以上 下葺材:0.6以上
許容梁間:KR140ハゼの許容梁間を適用下さい。
母屋スパン4.0mまでが耐火認定の適応範囲です。
断熱材の標準仕様はグラスウールで
密度10kg/㎥*厚さ100mmです。
吊子部材はGI製とSUS製があります。

二重葺断熱工法 KR140ハゼ の設計参考仕様

板厚 上弦材 0.8mm以上
板厚 下弦材 0.6mm以上
原板幅 762mm
働き幅 500mm
㎡当たり必要m数 2m
屋根勾配 3/100以上
自然曲げ半径 250m
最短寸法 1500mm
ラジアル ×
アーチ工法 35m以上(さざ波模様)

二重葺断熱工法 KR140ハゼ の断面図拡大表示

二重葺断熱工法 KR140ハゼ の断面図

二重葺断熱工法 KR140ハゼ の図面及び資料ダウンロード

  • 断面図JWWデータダウンロード
  • 納まり図一括JWWデータダウンロード
  • 断面図DXFデータダウンロード
  • 納まり図一括DXFデータダウンロード
  • 断面図PDFデータダウンロード
  • 納まり図一括PDFデータダウンロード
  • 製品カタログPDFデータダウンロード
ページの先頭へ戻る